KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

お知らせ

2019.4.26

【終了いたしました】第165回神田学会<都心トーク30>「 須田町から九段下へ、靖国通り150年」のご案内


【講演概要】
 須田町から九段下に至る靖国通り沿いの地域は、江戸期は大名や旗本の武家地でした。明治維新から150年、旧神田区を東西に貫く幹線道路の整備に伴い、ここには古書店街などの特徴的な商業地域が形成されてきました。
 今回は、震災や戦災といった困難を乗り越え発展してきた、この地域の変遷を写真等の史料で振り返ります。明治生まれの「通り」と「町」が織りなす歴史を知ることで、これからのまちづくりのあり方を探ってみたいと思います。

■司 会
西村 幸夫 氏(NPO法人神田学会 理事長、神戸芸術工科大学 教授)

■講 師
小藤田 正夫氏(NPO法人神田学会 理事、市井人・斎藤月岑に学ぶ会 肝煎)

■日 時=2019年5月20日(月) 18:30~20:30〔開場 18:00〕

■会 場=フォーラムミカサ エコ 7Fホール
(千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル/TEL. 03-3291-1395)
 会場アクセス※外部ページに飛びます。buy ivermectin

■定 員=80名 ※先着順受付のため、定員に達し次第締め切らせていただきます。

■参加費=【一般】1,500円 【神田学会会員】1,000円 【学生】500円
     ※事前お振込み制となっております。お振込み先はお申込み後、ご案内をさしあげます。

■プログラム
・18:30~18:35 オープニング
・18:35~19:55 須田町から九段下へ、靖国通り150年[講師:小藤田 正夫氏]
・19:55~20:15 トークセッション[司会:西村 幸夫氏]
・20:15~20:25 質疑応答、意見交換

<ゲストプロフィール>
小藤田 正夫(ことうだ・まさお)
1952年千葉県生まれ。千代田区役所を定年退職後、江戸・東京都心の町造史調査研究を行っている。市井人・斎藤月岑に学ぶ会 肝煎、NPO法人神田学会 理事。共著書に『外濠』(鹿島出版会)、『コンバージョン、SOHOによる地域再生』(学芸出版社)、『神田まちなみ沿革図集』(KANDAルネッサンス出版部)。


■お申込み・お問合せはこちら↓↓
NPO法人神田学会事務局
千代田区神田美土代町3-3 泉国際産業ビル7F
TEL.03-3259-7550/FAX.03-3259-7555
E-mail:info◎kandagakkai.org(「◎」記号を「@」記号に置き換えてお送りください)

※お申込みは、メールまたはFAXで参加者全員のお名前、参加人数、領収書の要・不要(要の場合は宛名も)を5月16日(木)までにお知らせください。折り返し事務局より確認のご連絡を差し上げます。

第165回神田学会<都心トーク30>「 須田町から九段下へ、靖国通り150年」チラシ(PDF)

FAX用お申込み用紙(PDF)
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム