KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田の花咲かじいさん

印刷用

新堀さん  どうもどうも。「神田の花咲かじいさん」こと新堀栄一です。生まれは長崎、九州男児。今はグリーンアドバイザーとして、神田を中心に活動中です。
私は、40年にわたり千代田区の緑と共に生きてまいりました。特に全国的に有名な桜の名所である、千鳥ケ淵の桜の植樹(昭和30年〜)は、私が手がけた数多くの植栽工事の中でも、一番思い出深い仕事でございました。
これから、千代田区の緑の歴史をお伝えしてまいります。ご質問も随時受け付けております。どうぞお楽しみに。

■第九話 都心に初めて。シマトネリコの並木

 神田駿河台1丁目の通称「とちのき通り」に沿って、昨年、明治大学創立120周年記念事業として「アカデミーコモン」が新設された。その前庭、明大スクウェアの外周に広い提供歩道がつくられ、14本の樹姿の優しい並木が出現した。目通り径10cm、樹高4mの常緑樹で、その名はモクセイ科トネリコ属の「シマトネリコ」(別名タイワンシオジ)。もともと亜熱帯から熱帯の山地に生育していた植物で、西日本から九州・沖縄にかけて街路樹・公園樹・庭木等に多く使われてきた。しかし、都心では今まで冬の寒さに適応できず、緑化樹木として登用されなかったのではないだろうか?しかし最近の都市の温暖化により、多くの植物たちが屋外で越冬可能になったり、また耐寒性を強めた種が試作されたりして、都市樹木も楽しみを増してきている。この並木も昨年植付け後に無事都心での冬を経過し、間もなく二度目の冬を迎えるが、間違いなく並列するトチノキと共に、都心の並木として適応していくものと思われる。
 実はその後の調査で、目黒区の中目黒駅近くのビルの前庭に、目通り径15cm、樹高5mの先輩シマトネリコ11本の列植を確認できた。現地に植えられて 4年ほど経過しているようである。この前例の適応性から、今後都心をはじめ東京の各所で、シマトネリコの並木道を散策する機会が近いのではないだろうか。 2004.11.29

シマトネリコの木
トチノキとの並列が面白い

■緑の相談
「神田の花咲かじいさん」による緑の相談は、現在休止しております。

戻る

ページの先頭へ
ホーム ホーム