KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田の花咲かじいさん

印刷用

新堀さん  みなさん、はじめまして。「神田の花咲かじいさん」こと新堀栄一と申します。生まれは長崎、九州男児でございます。
私は、40年にわたり千代田区の緑と共に生きてまいりました。特に全国的に有名な桜の名所である、千鳥ケ淵の桜の植樹(昭和30年〜)は、私が手がけた数多くの植栽工事の中でも、一番思い出深い仕事でございました。
今はグリーンアドバイザーとして、神田を中心に活動中です。これから、千代田区の緑の歴史をお伝えしてまいります。ご質問も随時受け付けております。どうぞお楽しみに。

■第三話 サイカチという樹木から坂の名が?

JR水道橋駅から駿河台に登る坂道、その坂の名がサイカチ坂と呼ばれ、資料によれば大正14年(1925年)頃には道端に潅木類の生茂った土手で、サイカチの木は生えていなかったらしい。しかし18世紀末の古書(新編江戸史)等によれば、江戸時代にはサイカチの木がかなり多く植えられていた様子であった。その後年月の移り変わりによって有ったりなくなったりしているので、サイカチ坂の木を植えてみようと思い立った。
当時東京都の公園緑地部、神代苗圃(現在の神代植物園)で3本の苗木(樹高3m前後)を捜し出し、都から区に保管換えの手続きをし、掘り取り、運搬し、1日がかりで植え込んだ思い出が懐かしい。植付け当時は3本とも同じ形状に近かったが、40年以上経た現在、それぞれの個性が出て異なった樹木のようにも見える。
強い整枝をしない年には、花と実(サヤ状)を多く見ることができる。その後周辺には4本の後継樹が叢生している。晩秋すっかり葉を落とした後に、ねじれた形でぶら下がった変わった実が見られる。
マメ科・落葉高木・雌雄同株・開花期5月〜6月・結実期9月〜10月。実は薬用にしたり、石鹸の代用品に使われた時代もあったという。

サイカチの実がなっている様子
サイカチの実

■緑の相談
「神田の花咲かじいさん」による緑の相談は、現在休止しております。

戻る

ページの先頭へ
ホーム ホーム