KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田の花咲かじいさん

印刷用

新堀さん どうもどうも。「神田の花咲かじいさん」こと新堀栄一です。生まれは長崎、九州男児。今はグリーンアドバイザーとして、神田を中心に活動中です。
私は、40年にわたり千代田区の緑と共に生きてまいりました。特に全国的に有名な桜の名所である、千鳥ケ淵の桜の植樹(昭和30年〜)は、私が手がけた数多くの植栽工事の中でも、一番思い出深い仕事でございました。
これから、千代田区の緑の歴史をお伝えしてまいります。ご質問も随時受け付けております。どうぞお楽しみに。

■第十話 都心で冬に咲くサクラを観賞してみませんか

 千代田区内では、多くの種類のサクラが春から開花し続けるが、冬に向かうこれからの季節に花を咲かせる「冬桜」というサクラがある。
 このサクラは、冬季の開花が1/3、残りの2/3が春に開花するといわれる二期咲きのサクラで、例年だと10月下旬から1月下旬に、残りは4月上旬から下旬に咲く。花は一重で淡白紅色、開花後白っぽくなる(冬の花には花柄がほとんどなく、春の花には花柄がある)。このサクラの片親はマメザクラといわれ、群馬県鬼石町の城山公園に多く植えられており、三波川の7,000本の冬桜として有名で、1937年に天然記念物に指定されている。
 区内では神田橋公園(都道側)、麹町子どもの広場、市ヶ谷見附交番裏、北の丸公園にそれぞれ1本ずつ植えられている。それとは別種で二期咲きのサクラが区内に植えられているので記しておく。日比谷公園(周辺の緑化歩道)の十月桜(ジュウガツザクラ)、国会議事堂前の憲政記念館に子福桜(コブクザクラ)が1本植えられている。ちなみに昨年は1月20日頃満開だった。

冬季の開花
冬季の花
春季の花

■緑の相談
「神田の花咲かじいさん」による緑の相談は、現在休止しております。

戻る

ページの先頭へ
ホーム ホーム