KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田の花咲かじいさん

印刷用

新堀さん  みなさん、はじめまして。「神田の花咲かじいさん」こと新堀栄一と申します。生まれは長崎、九州男児でございます。
私は、40年にわたり千代田区の緑と共に生きてまいりました。特に全国的に有名な桜の名所である、千鳥ケ淵の桜の植樹(昭和30年〜)は、私が手がけた数多くの植栽工事の中でも、一番思い出深い仕事でございました。
今はグリーンアドバイザーとして、神田を中心に活動中です。これから、千代田区の緑の歴史をお伝えしてまいります。ご質問も随時受け付けております。どうぞお楽しみに。

■第一話 東京で初めて並木が植えられた場所〜大手町1丁目〜

 大手町1丁目1番地先に「市内最初の並木」の石碑が建っています。その碑文には、明治8年に渡来したニセアカシアの苗を東京で初めて植えた場所であると記されています。
 しかしながら先輩達の記録等を調べてみますと、明治6年には津田仙氏(園芸学の先駆者)がウィーンの万国博覧会に出張した際に、当時ヨーロッパで最新の並木用樹種といわれていたニセアカシアとシンジュの種子を持ち帰り、育苗して八重洲河岸(現大手町付近)の濠端・小石川の江戸川端などに植え付けたと言う記録があります。
 しかしながら、考察するに両種とも発芽力は強いのですが、2年後に街路並木として植えるまで成長したのかが不可解ではあります。
現在はエンジュの木が植えられていますが、確か私は昭和30年末に、シンジュの幼木3本を同じ場所に植えた思い出があります。
 いずれにしても、東京の最初の並木が、この地から始まった事は間違い無いでしょう。小さな碑ではありますが、一度立ち寄られ130年前に思いを馳せてみてはいかがでしょうか…。

現在の記念碑
左側は皇居のお堀

■緑の相談
「神田の花咲かじいさん」による緑の相談は、現在休止しております。

戻る

ページの先頭へ
ホーム ホーム