KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田写真館

印刷用

神田のさまざまな風景を、今昔を取り混ぜた写真でご紹介します。

■湯島聖堂

文京区湯島1丁目
湯島聖堂は、1690年徳川5代将軍綱吉によって創建された孔子廟で、1797年には幕府直轄の昌平坂学問所 (昌平學)が開設され、湯島聖堂・昌平學は江戸時代、学問教育の総本山となりました。明治のはじめに、文部省・東京国立博物館等の前身もここに置かれて、近代教育発祥の地となり、大正11年には国の史跡に指定されています。
(『湯島聖堂の生涯学習』より)
神田明神にほど近いですが、実は湯島聖堂は文京区にあります。その区分けについて興味がわきましたが、今回は調べませんでした。湯島聖堂でも現在管理している(財)斯文会が、文化講座を開催しています。(rina)
写真上:明治22年撮影『神田まちなみ沿革図集』より(左端にある建物が湯島聖堂)

戻る

ページの先頭へ
ホーム ホーム