KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 98号 (2013.11.25) P.2〜3 印刷用

朝から充実生活!―神田で朝活―

朝活とは、出勤前の早朝を使い、学習会や交流会に参加するなどして勉強や趣味、スポーツに励むことを指します。神田でできる朝活や、朝に精力的に活動している方・団体をご紹介!


一つ拾えば、一つキレイ/石垣佐喜子さん

深川生まれ、生粋の江戸っ子な石垣さん。
 石垣佐喜子さんは、20年以上朝の清掃を行ってきた神田の名物おばあちゃん。この活動を始めたきっかけは人のためになることができないかという思いからだった。
 石垣さんは恩ということを強く意識している。特に印象に残っているエピソードは女学校への進学が危ぶまれたときのこと。当時、石垣さんのご家庭はとても苦しく、入学試験には合格したものの、授業料が払えなかったそうだ。しかし、次兄が「自分が学校を辞め、家を手伝うから妹(佐喜子さん)を進学させてやって欲しい」と親に頼み、無事進学することができた。この出来事から、恩によって生かされている自分というものを意識するようになり、朝清掃を一つの恩返しということで始めた。
 また、かつての神田は居酒屋が多く、ガード下や道路に酔っ払いがゴミを散らかし、まちを汚していた。すると神田=汚らしいというイメージが出来てしまい、住民が汚していると思われることが我慢ならなかったという。
「夜ね、酔っ払いが色んなことをして汚していくわけよ。そういうのをみていると腹が立つわけ。地域の人間じゃないから、やりたい放題やってくの」。 そこで子どものころから通っている朝の会に通う道すがら、ゴミを拾い始めた。自分一人ではたかが知れているとは思ったこともあったが、一つ拾えば一つきれいになると思い続けていった。
 そしていつしかそれを朝の会で発表する機会があり、発表したところ賛同を得られたそうだ。それからは日を決めて清掃活動を行い、今では会全体で行うに至っている。活動を開始して20年以上経った現在は91歳という高齢と、まち自体がきれいになっていることから、公園や道路に落ちているタバコを拾うといった清掃を行っているそうだ。
最後に石垣さんから、次のようにメッセージをいただいた。「今、こうしていられることは、先人の、先輩たちの築いてきたものよね。それに我々は助けられているので、自分たちも後輩や、世のため人のために、少しでもお役にたてることをさせていただきましょう」


清掃を通しまちを見る/イオンリテール株式会社

散乱しているゴミも丁寧に拾っていく。
清掃エリアのマップ。通勤に使うルートのため、
自然とゴミが多い場所がわかる。
 神田を歩いていると、ゴミ袋を手にしたスーツ姿の人々がゴミを拾っている光景を目にすることはないだろうか。地域貢献の一つとして清掃活動をしている企業は多いが、その中でも朝に清掃を行っているのはイオンリテール株式会社。
 今回、北関東カンパニー総務部広報・環境社会貢献グループの本間真
人さんにお話を伺った。
「当社がクリーン&グリーン活動を始めたのは1991年、従業員がボランティアで店舗周辺や、河川敷、公園など公共施設周辺のゴミを拾う活動です。それぞれの店舗・営業所で行う内容は異なっておりますが、多くは毎月 11日のイオン・デーに各店舗、本社、事業所などで開催しております」
 神田事務所ではイオン・デーではなく、多くの人が集まることから毎月第2月曜日の合同朝礼の日に行っている。朝礼の中で呼びかけを行い、正面入口にて軍手、トング、ゴミ袋を配布。毎回約160名前後が参加し、神田美土代町交差点を中心に半径約800m 圏内で10分から15分程度の清掃を行っている。取材に訪れた日も、時間を見つけて参加する社員の方々がそれぞれの場所へゴミ拾いに行く姿が伺えた。残念ながら一般の方の参加はできないが、社員一同で毎月欠かさず続けているのだという。
 参加者の方にお話を伺うと、この活動を始めた当初よりゴミがずっと少なくなり、まち自体がきれいになっていることを感じているそうだ。それでも、公園など公共施設にはまだまだゴミが多いとのこと。
 地域貢献を通し、まちづくり、コミュニティづくりの拠点となることを目指すイオングループ。在勤者と地域が関わり、ともにまちを考える姿の一つとして、これからの広がりを期待したい。


勉強空間×仲間作り/勉強カフェ 秋葉原ラーニングスタジオ

明るく開放感のあるラウンジでの学習も可能。
入ってすぐ目に入る色とりどりの目標設定シート。
 朝の時間に集中して勉強したい。そんな方におすすめするのが、外神田にある「勉強カフェ秋葉原ラーニングスタジオ」だ。大人の勉強空間をコンセプトにした会員制自習室であり、秋葉原のほか、北参道、田町など7店舗を展開している。 秋葉原ラーニングスタジオは白を基調とした清潔感溢れる店内に、ラーニングルーム、ドリンクバーを備えた飲食可能のラウンジ、最大10名まで入室できるイベントルームも併設している。集中の場と息抜きの場という異なる2室があることで、メリハリのついた時間を過ごすことができる。
 何より、こちらの最大の特徴は会員同士のコミュニケーションが活発なこと。会員になると使用できる専用のSNSサイトによる交流もあるが、人同士の声掛けが多いと、店長の櫻井亮馬さんが語ってくれた。
「私たちスタッフが間に入って紹介することもありますが、実はこのスタジオは一番敷地面積が小さいんです。そのため自然と会員様同士の物理的距離が近くなり、親しくなりやすいスタジオなんですよね」
 そうして出会った人々の中には、開店前に集まってマクドナルドで勉強してから来店する、通称「朝マック組」と呼ばれるグループもいるそうだ。 また開催される講座にも特徴があり、なんと会員自身が講師となり企画開催ができるのだ。講座の中で企画できるのは、会員のみ参加可能の勉強会。受付横のボードに張り出された内容は手相、マイコン、宅建と非常にバラエティ豊富。人に教えることでアウトプット型の学習ができると好評だ。他に一般も参加できるサロンとセミナーがあるが、こちらは、外部の方やスタッフの声掛けによる会員の方が講師を務める。告知はウェブサイトが中心になるので、気になった方はぜひチェックしていただきたい。
 利用料は初回のみ入会金10,500円に月額利用料(6,000から15,750円)。入会時に目標を書くことで利用料を割引するというユニークなサービスもある。さらに学生は利用時間帯に関係なく、最大5時間まで利用できて月額8,400円。1日あたり280円とカフェに行くよりお得になる。遅くなってもスタッフが常駐しているので、親御さんも安心だ。
 自分のステップアップに、ともに学ぶ仲間作りに、一歩進んだ学習室はいかがだろうか。

●勉強カフェ秋葉原ラーニングスタジオ
千代田区外神田6-14-1 日興ビル2F
営業時間 平日9:00~23:00、土9:00~21:00、日祝9:00~20:00年末年始
(GW、6ヶ月に一度第4金曜日休)
tel.03-6803-2839
http://benkyo-cafe.net/index.html



ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム