KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 89号 (2009.06.25) P.150 印刷用
information−神田東奔西走

神田から、タイに行ける料理店

JUMPEE(ジャンピー)

 昨今、タイ料理店はあちこちで見かけるようになった。もちろん、神田でも。ビルがひしめき合うなか、ジャンピーというタイの花が咲くかのように、オレンジ色の看板が咲くお店「JUMPEE」。今年2月にオープンしたタイ料理店である。シェフのノンさんはタイ出身で、地元、プーケットにいた時からの料理人。イタリアンの経験もあり、そのいろどりは綺麗で、見事にタイ料理との融合を実現している。これこそがジャンピーの特徴だ。昼はグリーンカレーやレッドカレーなど、約7種のメニューがどれも850円。テイクアウトも750円で可能。夜は人気のエビのラーメン巻き(1,500円)や、イイサン・ソーセージというタイのソーセージを使ったスペシャルメニュー(1,000円)のほか、ノンさんのオリジナルメニューも多く、まだまだ増やしていく予定だそう。今後の展開に期待だ。あまり知られていないが、ディナーもテイクアウトできる。辛いものを食べるお客さんに「大丈夫?」と声をかけてくれる朗らかなスタッフ石鍋さんと、「プーケットに似ている沖縄へ行ってみたい」と話す素直な人柄のノンさんの、笑顔と温もりが詰まっているお店である。
(文・清水功志/文化学院 総合芸術学科 文芸コース1年)

  
写真左/ランチセット(ガパオ)。サラダ・スープ・デザートが付く。
写真中央/シェフのノンさん。
写真右/店の前には、タイの花、ジャンピーの鉢植えが。


【JUMPEE(ジャンピー)】
千代田区内神田1-15-12 一政ビルB1F
tel.03-3295-6110
営業時間11:00〜15:00、17:00〜23:00(土曜は11:00〜14:00、17:00〜21:00)、日祝休
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム