KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 78号 (2006.07.25) P.14 印刷用
information−神田東奔西走

日本画の巨匠が通った老舗

得應軒本店

 日本画材の老舗得應軒は、神田淡路町、志の田寿司の向かいにある。
 大阪で筆師をしていた初代が上京し、創業したのが明治17年。今のご主人、宮内隆弘さんは四代目だ。創業当時から、絵の具、筆、紙、墨、すずりなど日本画の材料一式を扱っている。
 二代目の市松氏は腕の良い筆師で、橋本雅邦、横山大観など、そうそうたる日本画家の筆をつくっていた。
「なかでも横山大観先生とは親交が深く、いつも『いっちゃんいる?』と店に入ってきたそうです。関東大震災でうちが全部焼けてしまったときも、大観先生のお見舞金で店を再建したと聞いています」と宮内さん。びっくりするような話が飛び出してくる。
 また、日本画専用の筆を開発したのも二代目。それまでは中国の書筆が主に使われていたが、筆の弾力や水の含みなどを研究しながら、日本画に最適な筆を完成させたのだという。店内にはさまざまな形の筆が並んでいる。
 そしてもうひとつ目をひくのは、顔料の数々だ。天然・新岩などの種類があり、それぞれ原料が異なる。天然顔料の材料は孔雀石や珊瑚など。新岩は、珪酸鉛と金属酸化物を高温で溶かして発色させたものだ。中でも天然顔料の鮮やかさ、深さには目を奪われてしまう。 
 店を訪れるのはもちろん日本画を描く人が中心だが、「絵を描かない人も気軽に見ていってほしい」と宮内さん。
 壁一面に並ぶ顔料や筆を眺めているだけで、楽しい時間を過ごせそうだ。


得應軒本店
東京都千代田区神田淡路町2-1
tel.03-3251-0303
営業時間 月〜金9:30〜18:30、土9:30〜18:00、日祝休


ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム