KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 91号 (2010.06.25) P.5 印刷用
特集 3331 Arts Chiyoda 個性溢れる入居団体のなかから、今回は3ヵ所をご紹介

アートが繋ぐ故郷への想い

ゼロダテアートセンター東京

 秋田県大館市出身のクリエーターにより発足したアートプロジェクト「ゼロダテ」が、東京、秋葉原に新たなネットワークの拠点を置く。秋田—東京間の文化、芸術、ビジネス、人の往来、交流を広げていくことが狙いだ。発表の機会が少なかった地元出身の若手アーティスト、商品をPRしたい地元企業にとっては絶好のチャンスが与えられる。また、スペースを共有することで、アーティストと企業がコラボレーションした新たな商品開発も可能となるだろう。
 しかし、東京への進出がすべての目的ではない。例えば、東京から秋田へと生活や活動の場を変える人にとっても、新たなスタートを切る際のきっかけとなっている。「東京」「地方」と分けて考えられていた壁を一掃し、互いの魅力を共有していくことで、これまで伝わらなかった故郷への想いがしっかりと繋げられていく仕組みをつくっているのだ。
 それがひとつのかたちとなった象徴的なプロジェクトが、2007年に行われた「ゼロダテ/大館展」である。「アートで大館を元気にしたい」その想いが、20年以上閉ざされていた商店街のシャッターを開けた。ボランティアスタッフ、地域住民が協力し、長年使われていなかった空き店舗は、見事な展示会場へと変化した。市内外から多くの人(特に若者が目立った)が集まり、世代を越えたコミュニケーションが生まれた。そこには、世代もジャンルも、プロもアマも存在しない。専門家やアーティストだけのものではない「市民ベース」という新たなアートの構造を作り上げたのだ。「故郷を想う気持ち」その共通意識さえあれば、必ずカタチにすることができる。
 「ゼロダテ」は、人と人、街と街を繋ぐ結び目だ。彼らの活動は今、アートそのものの構造をも変えようとしている。人の力、アートの力を信じる彼らの活動に参加してみてはいかがだろう。きっとそこから、アートの原点、日本の原点、自分の原点が見えてくるはずだ。
(文・文化学院総合芸術学科文芸コース2年 小林建太)




■ゼロダテアートセンター東京
東京都千代田区外神田6-11-14
3331 Arts Chiyoda 206
tel.03-5812-4360
http://www.zero-date.com/zactokyo/



ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム