KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 90号 (2009.12.25) P.5 印刷用

特集 ワクワクするようなアートの街! CETエリアを歩く

エリア紹介③−東神田エリア


「最近、東神田や馬喰町周辺で面白いことが起こっているらしい」
 ある時そんな話を耳にした。
「セントラルイースト東京(以下CET)」というイベントをきっかけに、いまこのエリアには現代アートのギャラリーやデザイナーのアトリエ、こだわりのある雑貨屋やカフェなどが次々とでき、様々なジャンルで「新しいものを生み出す人たち」が集まってきているのだという。
 東神田や馬喰町といえば、江戸時代は古着屋・家具屋・旅館などあらゆる商売が集まり、戦後は繊維を中心とした問屋街として発展してきたところ。ここ30年ほどは周辺の大規模開発に押され、空きビルや空室の目立つ地域となっていた。
そのエリアで、いったい今何が起こっているのか———

 街の面白さは歩いてみなければわからない! ということで、CETエリア(柳橋〜馬喰町〜東神田)の魅力を女性の目線で探るべく、前号の特集で神田を案内してくれた、『かんだ乙女まっぷ』制作者の小林絵美さんを誘った。
浅草橋駅で待ち合わせたら、まずは柳橋へ。江戸情緒たっぷりのこの場所から、まち歩きを開始! それでは、二人が巡ったおすすめスポットをご紹介。

◆東神田エリア◆

アガタ竹澤ビル
千代田区東神田1-2-11
 東神田にある、CETエリアの拠点ともいえる場所。昭和を感じさせるレトロなビルのなかに、ギャラリー、雑貨屋、カフェ、デザイン事務所、アトリエなどが集まっている。建物全体の古さはそのままに、各部屋は入居者個々のセンスが反映されて、いずれも魅力的だ。今回はそのなかから4つのスポットをご紹介。


心地良い出会いを生む場所
馬喰町ART+EAT




 2007年、「人と人、人とアートが楽しく出会うギャラリー+ダイナー」をコンセプトに、長年編集やデザインに関わってきた武真理子さんがオープンさせた。「世界の片隅の小さな村のオンボロ教会」をイメージしたという空間では、武さん、そしてアーティストでもあるスタッフ全員が心から良いと思う作家の展示が行われる。また、ランチに味わえるレバノン料理は、レモンやオリーブオイル、塩を中心とした味付けと、たっぷりの野菜が健康的。空間も料理も、余計な飾りのないシンプルさが心地良い。

【馬喰町アートイート】
アガタ竹澤ビル202/tel.03-6413-8049
11時〜19時、ランチタイム11時30分〜14時、日月祝休



常に新鮮な現代アートの発信地
TARO NASU




 2008年、六本木から移転してきた現代アートのギャラリー。若手を含め約20名の作家が所属し、年10回ほど企画展が開催されている。元々倉庫として使われていたこの建物は天井が高く、そういった場所は作品を展示するのに適しているのだという。内装は建築家・青木淳氏の設計。倉庫ならではの既存の部分と、新しく取り入れた部分とが自然に溶け合っている。

【TARO NASU(タロウナス)】
アガタ竹澤ビル1F・B1F/tel.03-5856-5713
11時〜19時、日月祝休



ノスタルジックな世界へトリップ
CEDOK TOKYO STORE




 チェコの絵本をはじめ、ドイツ・東欧の雑貨を扱うお店。本店は神戸にあり、今年4月に東京店がオープンした。 壁の本棚一面に並ぶ絵本と、アンティークの食器や文房具、ビンテージファブリック……どれもノスタルジックな可愛いデザインばかりで、乙女心をくすぐられる。プレゼント選びの場所としてもおすすめ。店内にはギャラリースペースもあり、個展やイベントも開催されている。

【チェドック トーキョー ストア】
アガタ竹澤ビル404/tel.03-6240-9500
13時〜19時、日月休



一足の靴下が伝える日本製の素晴らしさ
Ayame the shop




 デザイナーの阿賀岡恵さんが2007年に設立した靴下ブランド「ayame」の事務所兼直営店。元々靴下メーカーで働いていた阿賀岡さんは、ロンドン留学時に「日本製」の素晴らしさを感じ、それを世界に広めたいとブランドを立ち上げた。ayameの靴下は奈良の靴下工場で、手作業や難しい技術を取り入れながら丁寧に作られる。大量生産ばかりが重視されるなか、心のこもったものづくりへの思いが感じられる。今年3月からはパリでも販売を開始。日本らしさを取り入れたデザインが注目されている。靴下やタイツは、同じ服の印象もガラリと変えてしまう優れもの。これからの季節のお洒落が、もっと楽しくなりそう。

【アヤメ・ザ・ショップ】
アガタ竹澤ビル503/tel.03-5809-2336
木〜土12時〜19時、月〜水・日祝休 
※木金の営業については事前にtelにてご確認ください




ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム