KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 90号 (2009.12.25) P.4 印刷用

特集 ワクワクするようなアートの街! CETエリアを歩く

エリア紹介② −柳橋〜馬喰町エリア

「最近、東神田や馬喰町周辺で面白いことが起こっているらしい」
 ある時そんな話を耳にした。
「セントラルイースト東京(以下CET)」というイベントをきっかけに、いまこのエリアには現代アートのギャラリーやデザイナーのアトリエ、こだわりのある雑貨屋やカフェなどが次々とでき、様々なジャンルで「新しいものを生み出す人たち」が集まってきているのだという。
 東神田や馬喰町といえば、江戸時代は古着屋・家具屋・旅館などあらゆる商売が集まり、戦後は繊維を中心とした問屋街として発展してきたところ。ここ30年ほどは周辺の大規模開発に押され、空きビルや空室の目立つ地域となっていた。
そのエリアで、いったい今何が起こっているのか———

 街の面白さは歩いてみなければわからない! ということで、CETエリア(柳橋〜馬喰町〜東神田)の魅力を女性の目線で探るべく、前号の特集で神田を案内してくれた、『かんだ乙女まっぷ』制作者の小林絵美さんを誘った。
浅草橋駅で待ち合わせたら、まずは柳橋へ。江戸情緒たっぷりのこの場所から、まち歩きを開始! それでは、二人が巡ったおすすめスポットをご紹介。

◆柳橋〜馬喰町エリア◆


ホッと和める下町の喫茶店
喫茶つたまさ




 浅草橋で開店11年目を迎える甘味処。看板の筆文字は講談師一龍斎貞水氏によるもので、店内にさりげなく飾られた神輿の写真などにも、下町らしさが感じられる。名物のコーヒーゼリーは、ネルドリップで落とすコーヒーを使った、大人の味。黒蜜とクリームをかけていただくのがつたまさ流で、一見意外な組み合わせながらも、コーヒーの苦みと黒蜜のさっぱりした甘さは相性ぴったり。広くて席もゆったりとしているので、まち歩きの一休みに最適。

【喫茶つたまさ】
台東区柳橋1-13-4 堀口ビル2F/tel.03-3861-3719
平日9時30分〜21時、土日祝10時〜18時、不定休



奥深いとんぼ玉の世界
Kinari 浅草橋店




 清杉通り沿いにある、とんぼ玉専門店。何工程もガラスを重ねて作るとんぼ玉は、小さな一粒一粒に世界があり、どれも美しい。専用のアクセサリーパーツを使えば、とんぼ玉を入れ替えることによって様々な表情の指輪やネックレスを楽しむこともできる。店舗の上の階では毎日とんぼ玉教室が開催され、基礎からしっかり学べるコースのほか、飛び入り参加OKの体験教室も。一度訪れれば、ガラスの奥深さに魅了されてしまうかも。

【Kinari 浅草橋店】
台東区柳橋2-14-3 帝王ビル/tel.03-5822-2518
10時〜19時(日祝は17時まで)、お盆・正月のみ休



伝わってくる“静かな存在感”
Radi-um




 91年に設立した「レントゲンヴェルケ」が運営するギャラリー。大森や吉祥寺、六本木などを経て、昨年ここ馬喰町に移ってきた。外観の壁面にも書かれている「hyper technik」(超絶技巧)、「solid shock」(固体衝撃)」、「clever beauty」(怜悧美学)を基本コンセプトとした展示を行う。以前は呉服屋の倉庫だったという築50年ほどの建物を改装した空間は、天井が高く、入り口から2階を少しだけ望むことのできるつくりも面白い。

【ラディウム】
中央区日本橋馬喰町2-5-17/tel.03-3662-2666
11時〜19時、日月祝休



本格南インド料理でパワー充電!
DAKSHIN




 日本ではまだまだ少ない、南インド料理の店。「ナン」のように小麦粉を使う北インド料理に対して、南インドでは米を主食にするのが特徴。米の粉を発酵させて作るクレープ「ドーサ」でジャガイモを包んだ「マサラドーサ」はおすすめ! 薬膳効能のある、南インドでも伝統的なアユール料理を扱うダクシン。スパイスの効いたあっさり系のカレーは、野菜たっぷりなのも嬉しい。

【南インド料理 ダクシン】
中央区日本橋馬喰町1-12-1/tel.03-3249-9155
平日11時〜23時、土日祝11時〜15時、17時〜22時




ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム