KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 89号 (2009.06.25) P.5 印刷用

特集①神田的エコを探して

“エコロジー”とは本来生態学のこと。近年では、人間と自然の共生や地球環境の保護を図る社会活動、またその考え方を指す言葉として使われる。
 そんな説明をするまでもなく、すっかり私たちの生活のなかに浸透した「エコ」という言葉。しかし何となくそのイメージばかりが先行し、実際のところエコについてどれほどのことを知っているだろうか……。そんな疑問から、今回は改めてエコに目を向けてみた。
 私たちが本当に目指すべき持続可能な社会とは? その実現のために必要なこととは? 
 それを考えるための足がかりを、神田で探してみたい。

その2 都市のリソースを生かして−神田の屋上菜園

 ビルの立ち並ぶ都市だからこそできる環境対策として、注目されてきた屋上緑化。神田でも、都市のリソースを生かした様々な試みが行われている。そのなかでも今回は、菜園を取り入れた三つの屋上を取材した。

ちよだプラットフォームスクウェア−入居者のコミュニティが創る空間

 神田錦町にある「ちよだプラットフォームスクウェア」は、SOHO同士が集い、ともに様々なプロジェクトを生み出していくまちづくり拠点施設。現在、独立自営の事業者やスタートアップ段階の起業家など、約200社が入居している。
そんな同ビルの屋上には芝生と花壇と菜園が設けられ、昼時ともなると多くの入居者で賑わう。実は2年前までここは、全面に芝生を敷いただけのシンプルな屋上で、利用する人も少なかった。そんな時、当時入居していた企業からリニューアルの提案があり、現在の形になったという。
 菜園を利用するのは、入居者20名ほどで構成するコミュニティ「スカイファームクラブ」。自分たちで一年間の利用計画を立て、土づくり、作付、収穫などを行う。多分野の人が集まるので、菜園の活用法についてのアイデアも様々。近隣幼稚園との共同企画では、子どもたちが自分で育てた苗を屋上に植えたり、手づくりコスメの開発・販売を行う入居者が屋上で採れたハーブで化粧水を作ったりと、ほとんどの企画やイベントが、自発的に生まれたものだという。また屋上清掃は、障がい者の就労支援を行う入居者を介して、週一回知的障がいを持つ人の就労訓練の場として活用されている。
「管理について厳しい決まりを設けないのが、コミュニティが長続きする秘訣。今後もビジネスに限らず、面白そうなことはどんどんトライしてきたい」と、ビルを運営するプラットフォームサービス(株)シニアマネージャーの原田幸二さんは話す。
 夏は皇居の森から涼しい風が吹き、秋は虫の声が聞こえるというこの屋上。自然に触れることで生まれる心の余裕こそ、エコにつながる大切な要素ではないだろうか。



ちよだプラットフォームスクウェア
千代田区神田錦町3-21
tel.03-3233-1511
http://www.yamori.jp/
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム