KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 89号 (2009.06.25) P.5 印刷用

特集①神田的エコを探して

“エコロジー”とは本来生態学のこと。近年では、人間と自然の共生や地球環境の保護を図る社会活動、またその考え方を指す言葉として使われる。
 そんな説明をするまでもなく、すっかり私たちの生活のなかに浸透した「エコ」という言葉。しかし何となくそのイメージばかりが先行し、実際のところエコについてどれほどのことを知っているだろうか……。そんな疑問から、今回は改めてエコに目を向けてみた。
 私たちが本当に目指すべき持続可能な社会とは? その実現のために必要なこととは? 
 それを考えるための足がかりを、神田で探してみたい。

その2 都市のリソースを生かして−神田の屋上菜園

 ビルの立ち並ぶ都市だからこそできる環境対策として、注目されてきた屋上緑化。神田でも、都市のリソースを生かした様々な試みが行われている。そのなかでも今回は、菜園を取り入れた三つの屋上を取材した。

神田橋安田ビル−ビルの付加価値を上げる屋上庭園

 入居するテナントへのサービスやビルの付加価値向上を目的として、屋上庭園を取り入れた例もある。それが昨年9月に屋上庭園が完成した、「神田橋安田ビル」だ。広々とした芝生にはいくつものベンチが置かれ、仕事で張り詰めた心身を緩ませてくれそうな空間。
 この屋上の特徴は、何といっても約70平米の敷地を使った玉ねぎ畑とブルーベリー畑。このような菜園を取りれた経緯を、ビルを所有する安田不動産(株)の担当者に聞いた。
「今回の緑化ではテナントサービスの拡充、テナントとのコミュニケーション機会の拡大、環境負荷軽減を目的に据えました。これらを両立させるために作物を栽培し、収穫の際にはイベントを企画することにしました」
 今年4月には約400個の玉ねぎが採れ、入居者を招いて初めての収穫祭が行われた。採れた玉ねぎを使ったスープが振舞われたり、お土産として玉ねぎが配られたり、また希望者は玉ねぎの収穫を体験できたりといったこのイベントには、二日間で延べ140名が来場したという。
「テナントの皆様には工事中にご迷惑をおかけすることもありましたが、完成後はたくさんの方にこの取り組みについて『面白い』とご好評いただいています。何よりも屋上でくつろぐ入居者の方々を見ると、担当者としては嬉しく思います」
 完成から10ヵ月を経た現在、入居者の憩いの場としてすっかり定着しているようだ。


ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム