KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 73号 (2005.04.25) P.14 印刷用
information-神田東奔西走

ガード下で、ゆっくり和食を楽しむお店

和風きっちん 旬彩庭

「こんなところにこんなお店が!?」というのが第一印象。
 女性はなかなか足を踏み入れにくい神田駅ガード下に、女性一人でも居心地の良い、「和風きっちん 旬彩庭」があります。
「知り合いの紹介でここに決めましたが、始めは不安もありましたよ。でも、今までのガード下とはちょっと違う、アットホームなお店にしようと思いました」と笑いながらおっしゃるのは、ご主人の三輪剛志さん。12年間赤坂の割烹で腕を磨き、3年前にこのお店を開店しました。
 お料理は和食を中心とした創作料理。60種類ほどあるメニューは「旬の野菜や魚を美味しく味わえること」を心がけ、考えられています。「水菜のサラダ」(580円)は、たっぷりの水菜とカリカリに焼いた厚揚げが絶妙にマッチ。また「手作りメンチカツ」(550円)や「まぐろとアボカドのタルタル」(610円)は、旬彩庭定番の人気メニューです。
「今では常連さんも多いし、一人でいらっしゃる女性もいますよ。くつろげる店にしたいと思っていましたし、駅に近いというのも幸いしてか、全体的に皆さんゆっくりされていくのがうれしいです。ガード下にこういう店がもっと増えればいいですね」と三輪さん。
 一度行ったら今度は誰かを連れて行きたくなる、そんな暖かいお店です。



【和風きっちん 旬彩庭】
千代田区鍛冶町2-13-24
TEL.03-3254-9861
営業時間:月〜金16:00〜24:00、土16:00〜22:00、日祝休

■写真キャプション
まぐろとアボカドのタルタルと、水菜のサラダ
ご主人の三輪さん

ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム