KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 79号 (2006.10.25) P.14 印刷用
神田の奥さまに聞くVol.2

田畑さと子さん



 今回ご登場いただく奥さまは、神田多町にお住まいの田畑さと子さん。まさに神田につかっているという表現がぴったりの人だ。さと子さんは、3年前に居酒屋「かど」を始め、毎日得意の家庭料理に腕を振るっている。店内は地元の人達が持ち寄ってくれた品々で埋め尽くされている。さっそくカウンター越しにお話をうかがった。

◆出会いはコーヒー店
   「釣りバカが来た!」
 鹿児島生まれのさと子さんが神田で勤めるようになったのは24歳のころ。その当時、勤め先の近所にあったコーヒー店で、モーニングセットを食べ、コーヒーブレイクをするのが楽しみの一つだった。はじめは隅に座っていたさと子さんだったが、常連客の一人が、声をかけてくれたのをきっかけに、しだいにお店に馴染んでいったのだそう。そして、休日には釣りに連れていってくれるほどの仲良しに。
 そんなある日、コーヒー店で紹介されたのが夫となる秀二さん。実は秀二さんも釣り仲間の一人で、「神田一の釣りバカなヤツ」と聞かされて盛り上がっていると、偶然にも秀二さんがお店に飛び込んできたのだとか。秀二さんの第一印象は、「なんて老けた方なんだろう」
 その後縁あってお付き合いがスタートし、出会いから一年半でゴールイン。「私は元来人のお世話をすることで安心するタイプ。主人は逆に何でもやってもらいたいタイプ。このバランスが良かったのね」とさと子さん。そして、「この人なら心配ない。私をずっと安心させてくれる」という直感は、結婚20年を迎えた今でも、変わることはないという。

◆神田だからできた安心子育て
 結婚当初は練馬に居を構え、秀二さんは家業を手伝うために神田まで通っていた。一年も経たずして神田に戻ることになったものの、さと子さんは生まれたばかりの長女を、神田で育てることに不安を感じたこともあったという。しかし、その不安はすぐに解消した。
 「長女を連れて近所の公園に通ううちに、顔を合わせる人も増えてきました。ある時声をかけてくれたのがたまたま近所に住む同じような子どもをもつ人だったので、それがきっかけで児童館にも行くようになり、すぐに友達ができました。練馬では、いくら公園に人がいても声をかけてもらうようなことはなかったですね。だからとてもありがたかったです」
 さと子さんはこれを機に子育てが楽しくなったという。「都心とはいえ、神田には向こう三軒両隣の近所づきあいが今でもきちんとあります。そしてウェルカムな町。だから敷居が低くて、いろんな人が子どもに眼を光らせてくれ、安心して子育てができます。確かに買物が不便などの問題はありますが、物質的なことは何とかなるもの。今ではうちの子ども達は、『神田では悪いことができない』なんて言うくらいですよ」とさと子さん。

◆居酒屋「かど」の誕生
 さと子さんが結婚してから強く感じたのが「私には神田の水があっている」ということだった。明るくて前向きな性格が幸いして、近所の飲食店を手伝うようになったのが、10年ほど前。子育ての合間をぬって、かれこれ8軒ほどの店で接客から裏方までさまざまな仕事を経験した。「確かに大変なこともあったけれど、人の役にたっていると思えることが一番幸せ」というさと子さんだけに、飲食店の仕事はやりがいがあり、また自分らしさを出せる場でもあった。またさと子さんの作るお料理は、近所でもおいしいと評判で、お店を出したらどうかといわれるほど。「一主婦がお店を持つということに一時は迷いもあったものの、家族をはじめ誰一人として反対する人がおらず、むしろ応援してくれる姿を見て前へ踏み出すことができました」。出店の準備も地元の方々との縁で、まるで導かれるかのごとく、トントン拍子にすすんでいったという。こうして、さと子さん流のおもてなしのセンスが加わった居酒屋「かど」が誕生した。
 今では、常連客のほとんどが近隣企業に勤めるサラリーマンだという。みなさん、さと子さんの店に来たのをきっかけに神田を好きになっているようだ。

◆来るべくして来た町、神田
 店を始めてから一日足りとも、仕事が辛いと思ったことがないというさと子さん。毎日張り合いがあり、この店にいられることが幸せだという。
「娘達もよく手伝ってくれます。このお店は田畑家の台所、家族の中心となる場です。ここで家族が一番会話を交わしているかもしれません。振り返ると、周りの導きに身を任せたことがとても良かったようです。きっと私は神田に来る運命になっていたのでしょう」
 娘たちがいないときは、秀二さんも店を手伝っている。お二人にとっても、そこは居心地のいい場所。そして誰よりも幸せを実感できる場所のようだ。

■さと子さんのお店 
 酒と肴 かど  
 千代田区神田司町2-6 Tel.03-3253-5963


ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム