KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 62号 (2002.07.25) P.140 印刷用
information−神田東奔西走

都心に“癒し”のレストラン

アクア

 皆さまごぶさたしております。千代田区で働く女性に「お気に入りのお店」を紹介していただくコーナーが帰ってきました。
 今回ご登場いただくのは毎日新聞社(千代田区一ツ橋)にお勤めの上杉恵子さんです。
 入社以来記者畑ひとすじの上杉さんは現在サイバー編集部の記者として、毎日新聞のホームページ「Mainichi INTERACTIVE」でファッション・映画・女性サイトを担当しています。中でもあらゆる分野で活躍中の女性を紹介する「リーダーな女たち」は、上杉さんが培ってきた人脈の広さが光るページです。
「紹介したいのは一つのことをこつこつと積み上げている人のひたむきさ。やみくもに有名な人ばかりを取り上げていると本当に大切な人を見落としてしまうので、掲載のタイミングには気を使います」と話す上杉さん。明るくバイタリティーに溢れる彼女のリラックス方法はピアノを弾くこと。しかし実際は仕事が忙しく、ピアノを弾く時間はほとんど取れないようです。
 上杉さんは大学入学を機に北海道から上京して以来ずっと東京暮らし。「学生時代は神保町に本を買いに行くのがとても楽しかった」といいます。「でも就職してからは『意外と遠い場所』になってしまい、本を買うために行くことはほとんどなくなりました。今では専ら食事をするときに神保町まで足を運びます。エスニック料理の店がたくさんあるので、よくカレーを食べに行きます」という上杉さん。学生時代とは違った神保町の魅力を楽しんでいるようです。
 上杉さんお気に入りのお店は、東京国立近代美術館2階にある「アクア」。
 テレビの料理番組で有名な、フレンチの鉄人石鍋裕シェフがプロデュースするレストランです。「お店の中が開放的でシンプルなところが好き」と上杉さんが言うように、店内は明るく、すっきりしたデザイン。テラス側の窓には光が溢れ、皇居東御苑の鮮やかな緑が目に飛び込んできます。店内のコーディネートを担当したのは石鍋シェフと支配人の高島扶文子さん。ヨーロッパテイストを取り入れ、美術鑑賞で疲れた目を癒してもらうために白を基調にしたといいます。オリジナルの四角いお皿や壁に飾られた現代美術の写真など、石鍋シェフのセンスとこだわりが随所に見られます。
 お料理は「美味しくて栄養のあるものを手頃な価格で」がコンセプト。中でもおすすめは日替わりのランチ(1000円〜)。野菜がたっぷり入ってボリュームもあるので男性にも好評です。そのほか、こんがりとした皮とやわらかいお肉が人気のハーフローストチキンをはじめ、日替わりの定番レンチもおすすめ。また、夜は気軽なフレンチから本格的なコース料理まで味わえます(1500円〜)。テーブルにキャンドルが灯され、爽やかな昼とはうって変わって落ち着いた雰囲気のディナータイム。ちょっとお洒落をして出掛けたくなります。
「これからの日本の芸術を背負っていく若者達を応援したい」という高島さん。お洒落でありながらジーンズでも入れる気軽な店づくりには、「美術を勉強にきた学生にも来やすいように」という願いが込められています。
 ランチでお腹を満たしたら、美術館へ行ったり北の丸公園を散歩したり。そんな贅沢な都心の休日はいかがですか。


  
写真左/毎日新聞社サイバー編集部 記者 上杉恵子さん
写真中央左/ボリューム満点のハーフローストチキン(定番ランチ)1500円コースにはスープ・前菜の6点盛り・デザートがつく
右/テラス席には2種類のりんごの木が


【アクア】
千代田区北の丸公園3-1(MAP A-3)  東京国立近代美術館2F
TEL  03-5219-3535
営業時間 11:00〜18:00(LO) 、木・金・土は20:30(LO) 月休
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム