KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 60号 (2002.01.25) P.2〜3 印刷用

特集 二十一世紀のコミュニティのあり方〜千代田の粋と絆

NPO法人神田学会設立記念シンポジウム誌上再現

平成十三年十一月二十七日(火)総評会館にて

三百名の熱気に溢れる会場
 年の瀬の押し迫った十一月二十七日。会場は人の熱気で熱く三百名も収容できる会場がとても窮屈に感じてしまうほど。参加者の顔ぶれも多岐にわたり、改めて都心の街づくりへの関心の高さを実感させられた。
 多忙のなか駆けつけていただいた石川千代田区長をはじめ、内田東京都議会議員、鳥海千代田区議会議員からの熱いエールは、今後の神田学会のみならず、行政のあり方への問いかけでもあり、住民・企業・官が一体となった街づくり運動への警鐘となった。その中で石川区長は、
「幸せな都市とは何を幸せと言うのか。幸せな都市として世界ランキングが出されている中、日本は十七番目にランキングされている。これを東京という一つの地域で考えた場合、千代田区のランキングは一体どうなるだろうか。一位のチューリッヒをはじめ、上位を占めるヨーロッパと比べ、千代田区の幸せとは一体何だとうか。住み、働く方々と交流することは、今千代田区にとって大事なことである。このシンポジウムを、街を見つめなおすきっかけにして欲しい」と熱弁。会場内の熱気もさらに盛り上がった。

パネルディスカッションの様子
満席で熱気に溢れる会場の空気をさらに盛り上げたパネルディスカッション。神保町の老舗高山肇氏が司会を担当。日常生活で感じる街への疑問や質問をパネラーと共に議論。在勤・在住者の意見がオンタイムで交換できた画期的なディスカッションになった。

「地方分権にふさわしい活動を期待したい」石川雅巳区長
「21世紀は都市の時代。「都市間競争」に打ち勝てる都市、東京を!」内田茂都議会議員
「街づくりには官・住民・企業の強い結束力が求められている。その期待にこたえられる組織を期待」鳥海隆弘区議会議員


シンポジウム パネリスト 石川雅巳 内田茂 鳥海隆弘 望月照彦
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム