KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 32号 (1995.01.20) P.3 印刷用

特集 お茶の水 茗渓通り

写真で見るお茶の水


お茶の水橋より聖橋を望む
 上の写真は昭和22年頃。ホームには人が溢れ。よく見るともんぺ姿の女性や大きな荷物を背負っている人もいる。電車も満員のよう。現在の聖橋周辺は川沿いにビルが建ち地下鉄の線路が川面に走り、その先には電気街がみえる。
駿河台ニコライ堂上からの眺め
 下の写真は明治22年に建設中のニコライ堂の足場上から撮影された写真の一部で西北より小石川から本郷を望んだもの。神田川沿いにお茶の水女子大の前身の女子高等師範学校、道路を挟んで順天堂医院が見える。手前側には江戸時代の旗本・御家人屋敷が並んでいた一帯で、洋風に建て替えられているのもある。長屋や土蔵は江戸以来のものだと思われる。尚、茗渓通りは関東大震災後の区画整理で作られたのでこの写真にはまだない。(文章 角川書店「よみがえる明治の東京」参考)
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム