KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 21号 (1992.04.15) P.1 印刷用

特集 街の魅力の発掘と未来

神田駿河台学生街その8 東京YWCA

 今まさに女性の時代。YWCAは女性が社会の動きに参加し、自立した生活ができるようにと積極的な教育を展開しています。
神田駿河台、ちょうど明治大学の向い側に位置している東京YWCA専門学校。2年前にリニューアルした美しい会館の中には魅力がぎっしりつまっていました。

 YWCAの始まりは、今から87年前。一九〇五年にYWCAの創立と共に学校が開講されました。津田塾の創立者で名高い津田梅子は、YWCAの初代会長でもあり、低い日本女性の地位を教育とキリスト教を通して引き上げたいとの一心で、教育に情熱をそそぎました。
 聖書・英語からスタートしたクラスは、一九二〇年にはタイプ、簿記、個人秘書など加わり、日本で最初の職業教育を確立するまでになりました。
 そして一九二八年に駿河台女学院として文部省の認可を受け、翌年には駿河台にスペイン・ミッション風の近代的な校舎が建てられます。当地において15年後の第2次世界大戦で学校が閉鎖されるまで活動が続けられました。やがて一九五八年には『東京YWCA学院』と名称を改め、その16年後の一九七六年、専修学校令により『東京YWCA専門学校』となって今日に至っています。
 一九九〇年に落成した新校舎は、地下2階、地上8階のものでモザイクを施した建物自体芸術性高いすてきな会館です。中央に吹き抜けを持つ広々としたエントランスロビー、300名収容できるフラットホールやサロン、地下には体育施設『フィットネスワオ』もあります。ここには都内でも数少ない最深部3.5メートルのダイビング可能のプールやエアロビクススタジオ、最新鋭のマシーンを導入したトレーニングジムがあってとても充実した施設になっています。学生にとっては校内にフィットネスクラブがあるなんて嬉しい限りですね。
 肝心の専門学校は2・3階に位置し、ここには福祉社会科のための介護実習室やリフレッシュのためのルーフテラス、他にも職業紹介所などユニークな施設がそろっています。
 さて、それではそんな東京YWCAが神田においてどのような活動を行っているのか。またどんな人達が活躍しいるのか、次からご紹介しましょう。

1990年竣工した新しい東京YWCA会館
ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム