KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 18号 (1991.07.20) P.4 印刷用

特集 街の魅力の発掘と未来・VI

神田駿河台学生街その5 神田外語学院

学校を出てから私たちこんな感じでがんばってます!

『神田発、香港行』
西村江里子さん キャセイ・パシフィック航空勤務 '90年国際ガイド科卒業

 スーツケースにたくさんの夢と、少しの不安を詰めて日本を発つこと6カ月。今は、日本から飛行機で約4時間、東洋の人種のるつぼ“香港”で、国際線スチュワーデスとして働いています。アジア10カ国のスチュワーデスからなる当社は、香港在住が条件であり、、ここが仕事のベース地になります。 
 そんなわけですから同期のクラスメイトも日本人ばかりではありません。私の場合は、韓国人、台湾人、マレーシア人など5カ国の国籍にわたっていました。
 意思疎通の手段は全て英語です。最初は少し緊張しながらお互いの国を紹介しあい、親しくなってゆきます。異国の土地で生活をしながら、スチュワーデスになるための色々な事を学ぶのは、決して容易とは言えませんが、皆、制服を着て、空にはばたく事を夢みて、努力をつづけました。
 現在は、国籍には関係なく当社の路線(アジアを中心に、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア方面)に乗務しています。まだ新人ですので、機内でのハプニングは数えきれませんが、それゆえに多くのドラマもあるものです。大変なこともいっぱい。嬉しい事もいっぱい。でも、世界中を飛び回り、多くの事を学びたいと思う今日この頃です。

聞えて来るスピードが遅く感じる様に
佐藤芳子さん 住商スチールトランスポート(株) '91年 英会話本科卒業 

「英会話本科でビジネス英語の授業が週一回あったのですが、それが仕事に役立っています。」という佐藤芳子さんは、今年3月に入社したばかりの社会人一年生。会社では貿易事務で通関業務や、その関係書類等の作成をなさっています。
 高校で剣道部だった彼女は二段の腕前。今は会社の皆さんとクラブみたいな感じで、テニスとお花をやっています。
 英語については、「2年生の終り頃に身に付いた気がします。それまではヒヤリングが弱かったのですが、TVの2カ国語放送を見ていたら聞えて来るスピードが遅く感じる様になったんです。嬉しかった!」と佐藤さん。
 学校でのエピソードは、入学したての頃に外人の講師が全く日本語を知らないふりをして、授業中に、ひそひそ話をしていたら急に話しに加わってきて、とてもびっくりしたとのこと。
 現在自動車教習所に通っていて、もう少しで6カ月過ぎてしまいそうなので、早く卒免に合格するのが目標。
 後輩へのアドバイスというより佐藤さんの経験上から、「神田外語学院に入学するすると英語を話せるようになれると錯覚する人が多いんですが、自分から話せるようになりたいと強く願わなければ身につかないと思います。」ということでした。


ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム