KANDAアーカイブ

神田学会
お知らせ 神田資料室 神田マップ 神田写真館 百年企業のれん三代記 神田の花咲かじいさん 出版物紹介 神田学会とは 神田学会資料請求 関連リンク Perspectives in English 神田アーカイブとは リンクについて 問い合わせ

神田資料室

KANDAルネッサンス 9号 (1989.04.20) P.1〜2 印刷用

特集 未来の公園を考える

 子供達の遊び場や人々の憩いの場として欠くことのできないもの、それが公園です。
 本号の特集は「未来の公園を考える」と題し、“都市型の公園”という観点から捉えた未来の公園像の提案です。
“夢のまた夢”というものから、すぐに実現できそうなものまで、夢の公園を色々と考えてみました。

コンテナ式移動公園 —夢を運んで西東—

「公園に遊びに行くのも悪くないけど、公園の方からこちらに遊びに来てくれたらもっと素敵だろうな」というのが、この移動式公園を考えたそもそもの理由です。
 テニスコートやプール、迷路や菜園などなど、公園の色々な施設をコンテナに積み込み移動式にします。そして希望者のいる街まで行き、そこで公園を作ってしまうのです。
 これなら、今まで公園が近くに無かった人ももう大丈夫。プールが無くて困っていた小学校だってもう安心です。自分達の楽しみたい施設が全て揃っていて、しかもそれがわざわざ来てくれるのですから、こんないいことはありません。
 また、休日になるとあちこちで実施される歩行者天国も、現状ではちょっと寂しいなと思われるところでも、この移動式公園が来れば、そこはもう子供達の笑い声がこだまするに違いあリません。靖国通りでテニスをしたり、ビルの中からプールへ飛び込んだりと、考えれば考えるほどワクワクするようなことばかりです。
 そして、各コンテナは地元の企業より協賛して頂き、各企業の特徴を生かしたものを作ってもらってはどうでしょう。そうすることによって企業も街づくりに参加することができ、地元との関係もますます親密なものになっていくでしょう。

(イラスト アンディ堀江)


ページの先頭へ

戻る

ホーム ホーム